織田信長の花押から学ぶ人生逆算術

いつの時代もリーダーの課題は、変化に対応し、その変化から繁栄を実現させるためにリソースの幅を広げることではないでしょうか。

私たちは、将来を想像するとき、歴史を振り返ることから始めることが良くありますが、未来のビジョンから人生を逆算し、タスクを細分化、だから今はこれをすると決めて行動していた歴史上の偉人がいます。

今回は織田信長の花押から人生の逆算術を学んでいきたいと思います。

織田信長は花押に託した未来から今をつくっていた

織田信長は一生の間に10回も花押を変えたと言われています。戦国時代では花押を名前から作るのではなく、実名の文字を裏返したり、組み合わせたり願望などを込めた花押を作っていました。織田信長の花押にはどんな意味がこめられていたのか、年表と共に見ていきたいと思います。

武士は元服を済ませると花押を持つようになります。
織田信長の元服は13歳、三郎信長と改名しました。後に父信秀が死に、信長が家を継いだ天文18年(1549)頃に初期の花押は誕生しました。

(天文18年頃)
足利様という足利将軍家の花押を意識したものであり、父・信秀の花押に似ています。このことから初期の花押は家柄を重視していたことが読み取れます。

信長が次に花押をつくるのは21歳(1552)頃です。清州城主となることを決めたと推測が出来ます。花押を変えた翌年、信長22歳の時に同族の織田信広(父信秀の子・信長の庶兄)を討ち、清州城主となりました。

(天文21・22年頃)
このときの信長の花押の右の部分は「信」の字を裏返して図案化し、左の部分は「長」の草書体を裏返して使用しています。ここから庶兄に反旗を翻す信長の意思が読み取れます。

一度花押を変えたあとは、再び以前の花押を使用した例がないため、その人の花押が変更された年月日が明らかになれば、それ以降の日付が入っている文は偽文書と判断することが出来ます。花押にはこのような役割もあるのです。

6年後、花押を新しくした後すぐに桶狭間で今川義元の軍を破っています。花押には本人であることを証明する機能があり、偽造を防ぐため、どんどん複雑になっていきます。

(永禄元年頃)

2年後信長29歳。花押を作ったのち、徳川家康と同盟を組みました。

(永禄3~7年頃)
信長32歳の時の花押は有名です。

(永禄8~11年頃)
良い政治が行われるときに現れる麒麟の「麟」の字から作り、平和の意味を込めたと言われています。その背景には将軍足利義輝の殺害という衝撃的な出来事があったからではないでしょうか。

36歳の時、足利義昭とともに京都に上ってのちに新しい麒麟の「麟」の文字の花押を作ります。

(永禄12~元亀2年頃)
翌年には姉川の戦いがありました。

38歳の時にも麒麟の「麟」で新しい花押を作ったのち、

(元亀2~天正2年頃)
比叡山延暦寺を焼き討ち、三方ケ原の戦い、足利義昭を討ちます。長篠の戦い、安土城を築き右大臣になりました。

安土城天守閣が完成した翌年、信長47歳の時にさらに複雑な麒麟の「麟」の文字にしています。
(天正8年頃)
人生50年と詠っていた信長は、49歳に本能寺でその生涯を閉じました。

このことから織田信長は戦いのゴールに平和をイメージして、そうなると決めてから花押にその想いを込めてつくり、花押を願望達成のツールとして使っていたことが読み解けます。

ビジネスシーンに活用される現代の花押

現代では織田信長等の戦国武将に習い、自分や企業の目標などから花押を作り、その花押を名刺の裏などに入れて活用されています。

私たちは、過去の制限を払しょくして人生を向上させることを望んでいます。そのために大切なことは、ゴールのビジョンを常に意識し「達成した自分を感じる事」です。

「達成した自分から見えるものや聞こえるもの」は、全てが達成に必要な情報のみになります。丁度、ブランドに興味なかった時は街でそのブランドを持っている人を殆ど見なかったのに、そのブランドが気になった瞬間から急に、街で好きになったブランドのバックを持っている人がやたらと目につくのと似ています。

花押を名刺等のビジネスツールに入れる事で、花押を作った時の気持ちを想い出すトリガーとなり、気持ちのスイッチが出来るのでしょう。

花押を名刺に入れると、印象深くなり話が広がります!

また、「名刺」に花押を入れるメリットは他にもあります。
相手に自分の話をするきっかけとして使えます。花押の説明や、自分の花押に込められた想いなどを話せれば、相手に自分の仕事に対する姿勢などを話すきっかけにもなり、そこから信頼にも繋がり印象も残りやすくなります。

また現代では、個人だけではなく法人でも目標から花押をつくる場合も出てきています。特に「和」のブランディングに沿ったイメージの企業に相性が良いようで、つくった花押を法人ロゴのように活用するなどで、他社との差別化やブランディングとして活用されています。

目標達成するたびに新しい目標から花押を作ろう

織田信長は出世するたびに、花押を作っていました。向上心を持つあなたも織田信長に習い、出世するたびに新しい花押をつくるのも面白いかもしれません。

目標を達成するたびに花押を作っていけば、その花押を並べた時にあなたの人生もビジュアル化されます。

あなたの今の目標や夢はなんでしょうか。花押を作る前にあらかじめ使いたい文字を決めてから望むと簡単に作れます。

花押を知ったあなたは、織田信長のように人生の変化を楽しめるようになるでしょう。

ご興味のある方はこちらから
http://kaou.or.jp
一般社団法人日本花押協会

※本文で使用されている甲冑を着た写真と花押を合わせたサービスは現在準備中で、近日サービス開始予定です。後日の記事で詳しく掲載させて頂きますのでお楽しみに。

文:日本花押協会 常務理事 栗原裕子

関連記事

おすすめ記事

  1. 知っておきたい日本語(1):和を以て貴しとなす

    「和を以て貴しとなす」とは誰が言った言葉? この言葉は、ユリウス暦604年に聖徳太子(厩戸皇子)が…
  2. 知っておきたい日本語(2):ありがとう

    「ありがとう」を漢字で書けますか? 「ありがとう」という言葉、よく使いますが、皆さんは漢字で書けま…
  3. 知っておきたい日本語(3):こんにち、わ?は?

    「こんにちは」「こんにちわ」、どちらが正しい? 先日、突然友人に尋ねられました。 「こんにちは」…
  4. ビジネスパーソンにも役立つ「禅の教え」①

    みなさんは、「禅」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますでしょうか? スティーブ・ジョブズが…

「和の大学」メールマガジン





企業名
お名前
Mail

話題の記事

  1. 武士道とは 旧5千円札でも有名な新渡戸稲造が1899年にアメリカで英文にて発表した「武士道」。 …
  2. 和の達人・近藤俊太郎さんは、仕事ではIT事業で常に先進的なことをしかけながら、私生活では茶道という伝…
  3. 箸には魂が宿っている? 先日、家で食事をしていたら、箸が前触れもなく片方ポキッっと半分に折れました…
  4. みなさんは、最近いつイライラしましたか? また、それは職場でしょうか?それとも家でしょうか? …
  5. 仏教ゼミ第3回 2017年12月20日(水)開催 全5回に渡る仏教ゼミも、折返しとなる第3回目を先…
ページ上部へ戻る