読みました? 「世界が驚く ニッポン」

インバウンドが進み、”日本の良さ”を語る必要性

インバウンドという言葉もよく聞かれますが、外国人に「日本の良さは?」と聞かれると皆さんは何と答えますか?日本にも様々な側面があるので、バシッとは定義しづらいですが、いかがでしょうか?

また、そういった「日本の良さ」を手早く調べるのに、何を見たり、読んだりしますか?
情報もたくさんある中で、一つひとつ追いかけていくのも大変なものです。

そのような中、インバウンドという面で何か纏まっているものはないかなと探していた今年3月、経済産業省がリリースしたコンセプトブックである「世界が驚く ニッポン」を見つけました。
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308001/20170308001-1.pdf

日本の良さって何だろう?と手早く吸収するのには、とても分かりやすいと思いました。

賛否が起こった「世界が驚く ニッポン」

一方で、インバウンドを意識したこの冊子、リリースした直後から賛否がわき起こります。
「謙虚な姿勢では商売はできない」「ここまでしないと外国には伝わらない」という好意的な意見もありますが、

・「自らをクールって自慢するのは日本らしくなくてカッコ悪い」
・「謙虚さを世界に知らしめるってもはや謙虚じゃない」
・「アメリカも流氷を見ることができますし、サンゴ礁も見ることができます」
・「奥ゆかしいって言葉知らないのかな」
・「経済産業省としてやるのは不適切」
など、否定的な意見も多く、ネット上で様々な意見が飛び交っています。それをニュースにしたウェブメディアも多くあります。

皆さんは、このコンセプトブックを一度読んでみると、率直にどう感じますか?

“日本の良さ”を考える、見つめ直すことが大事

賛否が起こることは、関心があることであり、賛否が起こるからこそ広がる、というのも事実。

「経済産業省という国の刊行物でなければ」「もう少し表現が変わっていれば」取り上げられ方も違ったかもしれません。一方で、一つひとつの写真や内容に関しては、考えさせられることも多くありますし、インバウンドビジネスが進むこのご時世で、改めて「日本の良さとは」を考え続けることが大事なんだと思います。例えば、私自身も考えさせられました。

当たり前に感じていたが四季という”日本の良さ”

このコンセプトブックに対して「やはり四季きたー!」というようなコメントがネット上にはありますが、、、一方で、写真や文章を読む中で、「南北に長く、四季に富んだ温暖な気候」「四方が海で囲まれた島国であり、山国でもある」という事実に改めて気づかされたり、そういった自然と共に歴史を歩んできたことが様々な思想に影響しているのだなと感じさせられます。

「余白」「不足の美」という日本人の伝統的美意識

「自然と自分を同化させ、調和を図る独特の自然観が生み出した『間』の感覚」「あるがままの状態の中に美しさや意味を見出そうとする姿勢」というような文言を読むと、「わかりにくい」というようなネット批判はありつつも、一方で、多くの和文化のベースになっているし、生きていく姿勢にも影響しているのだなと感じさせます。

日本のモノづくり等のベースの5つのキーワード

日本の歴史と今のモノづくりの良さを見つめ、「突きつめる」「学びとる」「合わせる」「源をいかす」「思いをよせる」と纏められたワードを見ながら、抽象的だというようなネット批判はありつつも、こういったワードから、日本の良さって何だろう、外国人の方に何を伝えたらよいのだろう、と考える機会になるなと感じます。

“日本の良さ”を見るのは、日常の”当たり前”に触れること

インバウンド化が進むことも、それを通じて異文化の外国人とコミュニケーションをとることも、こういった賛否ある冊子を読むことも、自分自身が持っている日常の”当たり前”を問い直す効果があります。そういった問い直しが、新たな価値に繋がったり、日々への充実感に繋がったりしていくものであり、これからもフラットに”日本の良さ”について見つめ続けたいと思います。

皆さんは、「日本の良さは?」と聞かれるとなんと答えますか?

「世界が驚く ニッポン」
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308001/20170308001-1.pdf

関連記事

おすすめ記事

  1. 知っておきたい日本語(1):和を以て貴しとなす

    「和を以て貴しとなす」とは誰が言った言葉? この言葉は、ユリウス暦604年に聖徳太子(厩戸皇子)が…
  2. 知っておきたい日本語(2):ありがとう

    「ありがとう」を漢字で書けますか? 「ありがとう」という言葉、よく使いますが、皆さんは漢字で書けま…
  3. 知っておきたい日本語(3):こんにち、わ?は?

    「こんにちは」「こんにちわ」、どちらが正しい? 先日、突然友人に尋ねられました。 「こんにちは」…
  4. ビジネスパーソンにも役立つ「禅の教え」①

    みなさんは、「禅」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますでしょうか? スティーブ・ジョブズが…

「和の大学」メールマガジン





企業名
お名前
Mail

話題の記事

  1. みなさんは、最近いつイライラしましたか? また、それは職場でしょうか?それとも家でしょうか? …
  2. 箸には魂が宿っている? 先日、家で食事をしていたら、箸が前触れもなく片方ポキッっと半分に折れました…
  3. 人事担当者と僧侶が共に考える「働く」とは何か? -「働き方改革」の本質をブッダの教えをもとに学ぶ-…
  4. 武士道とは 旧5千円札でも有名な新渡戸稲造が1899年にアメリカで英文にて発表した「武士道」(原題…
  5. 武士道とは 旧5千円札でも有名な新渡戸稲造が1899年にアメリカで英文にて発表した「武士道」。 …
ページ上部へ戻る