【開催レポート】「花押(かおう)」をつくって開運 ~幸せな未来を引き寄せましょう!

「伝統花押講習」講座 2018年4月1日開催

例年より早めに咲いた桜も見納めとなった週末に、都内の区民会館の和室をお借りして、「伝統花押講習」講座が開催されました。

午前中は、元ドロンズでタレントでもある大島直也氏による座学講座です。

花押は日本で1000年以上の歴史のある文化です。空海や源頼朝、足利尊氏、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、などの歴史上の人物たちだけでなく、江戸時代には一般庶民も花押を使用していました。今でも花押は一部の閣僚や総理大臣などの間で使われています。

日本で独自の進化を遂げ1000年以上も続いた日本独自の署名文化「花押」それが何故、現代では一般に名前さえも知られなくなったのか。そして、そんな独自の署名文化を築いた日本が何故、現代では世界でも唯一の印鑑文化になってしまったのか。それは、江戸時代に秘密がありました。その歴史と花押の由来を大島氏が紐解いていきます。

午後は、書道家の龍玄(りゅうげん)先生による実技講座です。

午前の座学を踏まえ、自身の想いや願いが明確になったら、花押にする文字を決めていきます。

・草名体(名前からつくります)
・二合体(文字を組み合わせ崩した書体)
・一字体(好きな文字からつくります)
などの書体を決め、実際に花押を作っていきます。

「辺とつくりを並べ替える」
「取捨選択し簡略化する」
「ある部分だけを強調する」

右肩上がり、シャープさなど、まずは全体の構図から決める方もいらっしゃいました。このように文字、書体、全体のバランスなど決めて、それらを組み合わせたデザイン書道のようなものを作っていきます。イメージができたら、筆ペンなどで試し書きをして自身の花押を明確にしていきます。

花押のデザインが決まったら、いよいよ筆で半紙に書いてみます。普段、書道などされていない方でも、筆の持ち方、線の描き方など細かに指導があり、花押を描くコツをマスターしていきます。

何度も練習し、これだというものが生まれるまで何度も何度も書いてみます。この過程を通じて、自身の想いや願いがさらに強まり、それが書く文字に表れていくようでした。

また、筆だけを動かすのではなく、身体も文字の流れに合わせて動かしたり、書道家になりきって大胆に書いてみることも自分らしい花押を書く秘訣だそうです。

このように何枚も書いてみて、その中から自分にしっくり来る花押を選んでいきます。自身の願いと合致するちょっとした線のニュアンスなどにもこだわり、厳選していきます。

そして最後は、ご自身が一番ピンと来るものを選びます。

花押は、一度作ったら一生変わらないというものではなく、その時々のご自身の想いや願いに合わせて作ることができるため、これからの成長や変化に合わせて、花押も変わっていくものだそうです。

何年か先に、また花押を作る機会があれば、ご自身の成長や変化を「花押」を通じて感じることができるかもしれませんね。

自分の花押を、ぜひ作ってみたいという方は、日本花押協会の「伝統花押講習」を受講することで作ることができます。また、「伝統花押講習」受講終了後には、自分の花押が入った修了書が発行されます。

ご興味のある方は、ぜひ以下よりお問合せいただければと思います。

http://kaou.or.jp/
一般社団法人日本花押協会

作成者:和の大学 事務局 伊藤律子

関連記事

おすすめ記事

  1. 知っておきたい日本語(1):和を以て貴しとなす

    「和を以て貴しとなす」とは誰が言った言葉? この言葉は、ユリウス暦604年に聖徳太子(厩戸皇子)が…
  2. 知っておきたい日本語(2):ありがとう

    「ありがとう」を漢字で書けますか? 「ありがとう」という言葉、よく使いますが、皆さんは漢字で書けま…
  3. 知っておきたい日本語(3):こんにち、わ?は?

    「こんにちは」「こんにちわ」、どちらが正しい? 先日、突然友人に尋ねられました。 「こんにちは」…
  4. ビジネスパーソンにも役立つ「禅の教え」①

    みなさんは、「禅」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますでしょうか? スティーブ・ジョブズが…

「和の大学」メールマガジン





企業名
お名前
Mail

話題の記事

  1. 人事担当者と僧侶が共に考える「働く」とは何か? -「働き方改革」の本質をブッダの教えをもとに学ぶ-…
  2. 武士道とは 旧5千円札でも有名な新渡戸稲造が1899年にアメリカで英文にて発表した「武士道」。 …
  3. リーダーが読むべき本にも挙げられる「武士道」とは リーダーが読むべき本にも挙げられる「武士道」とい…
  4. 花押(かおう)は一文字に願いや想いを込めてつくる、その人を現す署名です。 この花押を自分でつくる「…
  5. 仕事や家事にばかり時間を取られ、ストレスが増しているなら、生き方そのものを変えてみてはいかがだろうか…
ページ上部へ戻る