【調査レポート】日本人であることに誇りを持っている人の割合は?

本レポートは、20代~50代の男女824名を対象に行った調査から、日本人に誇りを持てている人の割合や、日本の歴史や文化への興味関心度、これから体験したい和事について等、性別、世代別の特徴をまとめています。
※株式会社シェイクと共同調査となります

【調査レポート】
日本人であることに誇りを持っている割合は?
– 和事の体験、関心が高い世代とは-

2020年の東京オリンピック開催に向けて、今、日本は世界中から注目を浴びています。
また、ここ数年、日本文化や日本の技術に対し、海外からの関心度が高く、賞賛を得ています。

一方で、日本企業のグローバル化が進む中、海外で働く日本人も増えてきました。
海外に出て初めて、多くの日本人が、自国である日本文化や日本の良さを知らない、外国人に説明ができないことに気づくというお話を多く耳にします。

このような時代背景の中、我々日本人は日本人に誇りを持てているのか、また日本文化への関心度はどれくらいあるのか、そして「茶道」や「書道」などの和事を体験している人、体験したいと考えている人はどれくらいいるのかを調査しました。

日本人であることに誇りを持てているのか、
日本文化や歴史には興味があるのでしょうか。

また、多くの人が体験している和事や人気がある和事は何なのでしょうか?

ぜひ、以下よりお申込ください。

任意企業・組織名 
必須お名前    
必須メールアドレス

ページ上部へ戻る