和のことを深く、楽しく、総合的に学ぶなら

忙しい社会人に、美しく丁寧に生きる、和のエッセンスを
講座一覧 講師一覧 講師紹介 講座レポートインタビュー はじめての方へ
【スタンダード和+】
【スタンダード和+】
「はじめての百人一首舞〜新しい日本舞踊の世界〜」

【スタンダード和+】
「一滴の香と味を愉しむ 〜玉露の独茶~」

【スタンダード和+】
「覗いてみよう日本の伝統芸能 〜 篠笛 〜体験講座」

【スタンダード和+】
「「あなたの名前」と「ありがとう」の言葉を丁寧に美しく~「毎日書き初め手帳」で願いを叶える筆ペン講座」

【スタンダード和+】
「こころとご縁をむすび、祈りをとどける水引〜結いの魔法・日本のお正月編〜」

【和×ヘルス&ビューティー】
【和×ヘルス・ビューティー】
「あなたの毎日を彩り、想いをとどける手づくり石けん 〜 風花 〜 」

【和×ヘルス・ビューティー】
あなたとあなたの世界を彩り、想いをとどける手づくり石けん 〜 花の恋文 〜

【和×ヘルス・ビューティー】
和の大学暦(こよみ)ゼミ〜春分リセットティーセラピー〜

【和×ヘルス&ビューティー】「和みのヨーガ体験レッスン~和の心で自然治癒力を高めるプログラム~」(単発)
【和×ヘルス×ビューティ】
はじめてのお灸女子レッスン~お灸のある生活~

【和×ルーツ】
【和×ルーツ】
「日本人としてたいせつにしたい、和の叡智ワークショップ・冬至スペシャル~あなたの内在神・潜在意識のパワーを2017年にいかす!~」

【和×ルーツ】
和の大学暦(こよみ)ゼミ☆日本的クリスマス・冬至を祝う(宵の部)〜星座のワインと星空を楽しむ夕べ〜

【和×ルーツ】
和の大学暦(こよみ)ゼミ☆日本的クリスマス・冬至を祝う(昼の部)〜体とこころをあたためる、クリスマスティーづくり〜

【和×ルーツ】
和の大学暦(こよみ)ゼミ☆星座のワインと月の世界を楽しむ夕べ〜心と暮らしをととのえる、月生活のススメ〜

【和×ルーツ】軽やかに、しあわせに。今を生きるための「マインドフルネス・トレーニング」〜こころの断捨離〜
【和×食】
【和×食】
「心をほどき、思いを込めて丸める安眠味噌玉 ~やさしい睡眠習慣づくり~」

【和×食】
「和菓子作家 坂本紫穂の、和菓子ことはじめ 〜学んで創って味わえる、クリスマス☆の和菓子レッスン〜」(単発)

【和×食】
「和菓子作家 坂本紫穂の、和菓子ことはじめ 〜学んで創って味わえる、季節の和菓子レッスン〜」(単発)

【和×食】
「和菓子作家 坂本紫穂の、和菓子ことはじめ 〜学んで創って味わえる、季節の和菓子レッスン〜」(単発)

【和×食】
「和菓子作家 坂本紫穂の、和菓子ことはじめ 〜学んで創って味わえる、季節の和菓子レッスン〜」(単発)

【和(―)はじめ】
【和×一(はじめ)】
「ギネス認定世界一着物コレクターが語る、運命のきものとの出会い方」

【和×ルーツ】
「人との出会いが10倍楽しくなる!名前セラピー講座 入門編」

【和×一(はじめ)】ゼロからはじめる和ごと講師養成ゼミ(個人コンサルティング コース)
【和×一(はじめ)】ゼロからはじめる和ごと講師養成ゼミ
【和×一(はじめ)】和の大学のつくりかた・あつめかた〜メルマガVer.〜

【【和×ルーツ】和の大学暦(こよみ)ゼミ☆旧暦七夕スペシャルVer.〜星座のワインと星空を楽しむ夕べ〜】

投稿日2016年08月13日

8/5(金)  【和の大学暦(こよみ)ゼミ☆旧暦七夕スペシャルVer.〜星座のワインと星空を楽しむ夕べ〜】開催レポート

 

 

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら

実践する、天体と暦のスペシャリスト!景山えりか講師による、

【和の大学暦(こよみ)ゼミ☆旧暦七夕スペシャルVer.〜星座のワインと星空を楽しむ夕べ〜

が、8/5(金)に開催されました!

 

 

 

 

 

FullSizeRender-2

 

 

 

 

ワインは少しの間お預けで、まずは暦の勉強からスタートです ^ ^
 

 

今回の暦ゼミ、カリキュラムはこちら☆

 

1. 暦のあけぼの

2. 旧暦の基本

3. 七夕は年に3回ある

4. 行事としての七夕

5. 短冊で願いを叶えるコツ

 

 

 

 

FullSizeRender-1   FullSizeRender-20

 

 

 

そもそも、『暦』がなければ自分自身を証明したり、誰かと待ち合わせ

することすら難しい…。

まずは、今となっては当たり前に活用している『暦』の起源について学びます。

 

 

 

6世紀頃に中国から旧暦(太陰太陽暦)が伝わってくるまでの日本は、

まだ自然暦から得る、四季のサイクルで暦を感じ取っていたそう。

そして何年何月というカウントの暦日を使いはじめ、明治5年に新暦(太陽暦)

を採用し、現代にいたります。

 

 

 

現代の暦は太陽の動きを基準としていますが、旧暦は太陽の動きも見つつ、

月の満ち欠けが基準となっています。

各暦月の初日は必ず新月にあたり、月の名前も新月から数えて

3日目の月だけを『三日月』と呼ぶそうです。

月が半分くらいに満ちるまで、すべて『三日月』だと思い込んで

いたので、驚き!!

 

 

 

 

FullSizeRender-19

 

この講座開催当日が、ちょうど『三日月』でした☆

 

 

 

旧暦の季節区分として、7月〜9月は秋。

そのため、七夕は初秋の行事にあたるのです。

そもそも、日本の七夕は、中国であった『七夕伝説』が奈良時代に伝わり、

それと古事記にでてくる棚機女(たなばたつめ)と掛け合わせたものが、

日本の七夕のはじまり。

 

 

この棚機女(たなばたつめ)とは、神さまに捧げる織物を織る女性のこと。

その織姫にあやかった行事なので、基本的に七夕の願いごとは、

技芸や習い事の上達、スキルアップについて書くのが良いそうです。

 

 

景山先生からは、

「七夕は基本的には自分を向上させるためのお願いごとを。

金運アップなどの物欲関係は、あまり良くないですよ〜。」

と、しっかり釘を刺されました ^ ^;

 

 

 

そして、願いごとをさらに叶えやすくするのには、七夕の歌にあるように、

実は『五色の短冊』がキーワード☆

 

五色とは、中国の陰陽五行説にもとづき、「青・赤・黄・白・黒の5色」

をさします。

青は他者へのおもいやり、赤は礼儀・秩序を保つ…

などなど、それぞれに意味があり、願いごとは五色の短冊に書く

のが本来の姿。

 

 

しかも、どのような願い事をするかによって短冊の色をかえる方が

より効果的とのこと!

 

 

小さい頃から慣れ親しんできた、七夕という行事。

一体日本人のどれだけの人が、そこに込められた意味を知っているのでしょうか…

 

 

知っているつもりで、知らないことだらけだった、七夕のアレコレに

皆さん、驚いたり感心したりの連続でした!

 



 

 

そして後半は、お待ちかねのワインを飲みながら、シュミレーションソフトを

つかって、宇宙旅行へ出発です☆

 

 

 

今回ご用意したのは、幸運をもたらす『フォーチュネイト』という

ワイン。

実はこのワイン、12星座のイメージに合わせて12種類つくられていて、

講座当日はこの時期の星座、射手座の赤ワインを楽しむことに!

 

 

まずは、皆さんでカンパーイ♪

 

 

 

IMG_2165

 

 

初対面の皆さんですが、いつのまにか自然に「乾杯♪」されていました ^ ^

やはり、同じ講座に来られる方たち同士には、ご縁を感じますね♡

 

 

 

IMG_2164

 

みなさん、本当に楽しそうです ^ ^

 

 

 

まずは、現在位置の渋谷区に座標を合わせた空を見てみます。

本当は都会でも、ビルなどの電気一斉に消したら、見える満天の星空。

 

 

FullSizeRender-7

 

 

国立天文台が作製しているこのソフト、画像に出てくる星の数々は、

実在していて、名前がつけられていな星にも全て番号がふられています。

なんと、星と星の間隔も実際の距離を縮尺し、正確に再現したものだそう!

 

 

美しい地球。

FullSizeRender-9

 

 

 

さらに地球を離れて、太陽系へ。

 

FullSizeRender-5

 

 

景山先生の説明を聞きながら、さらに太陽系から離れ、銀河系へ。

 

天の川=銀河系。

銀河系は、2千億個もの星のあつまりで構成されていて、銀河系の

端から端までは、なんと10万光年も離れているとのこと。

もうそんな膨大な星の数や、その距離は想像の域をこえます!

 

そして今人類が把握しているだけの宇宙の果てまで…。

 

 

FullSizeRender

 

 

 

 

 

見ていると、なぜかじんわりと涙ぐんでしまう、不思議な宇宙旅行。

ここが東京の渋谷だということを、思わず忘れてしまいます。

 

 

 

宇宙の中の『ちっぽけな自分』ではなく、

私たちは、この広大な宇宙を構成している一員であり、

『かけがえのない自分』であることを思い出させてくれる、

本当に本当に素敵な時間になりました。

 

 

 

 

 

FullSizeRender-6

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

受講者の方々が書いてくださったアンケートを一部抜粋の上、掲載させていただきます。

 

 

◯至福のひとときでした!講座の流れもすばらしく、11月の講座も楽しみにしています。

(K.Nさま)

 

◯ 七夕のお話も、宇宙旅行もとても楽してワクワクしました。

ワインもおつまみもとっても美味しく、お部屋も気持ちの良い空間でした。

(S.Yさま)

 

◯受講できて本当に幸せでした。すごく楽しかったので、11月もぜひ受講したいです。

( K.Kさま)

 

◯自分という存在は、こんなにも広がる宇宙の中の、大切な一要素である

ということを、すごく感じました。先生の声のトーンも心地よく、素敵でした。(I.Aさま)

 

 

◯七夕の風習についての学びと天体についての説明がとてもバランスよく、天体ソフトで

宇宙の壮大なスケールが、とても伝わってきました。

旧暦などの説明もとてもわかりやすく先生の柔らかい感じも、良かったです。(O.Mさま)

 

 

◯しばし日常から離れて、広大な宇宙の旅をすることができ、癒されました。

また楽しみにしています。( 匿名希望さま)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

FullSizeRender

 

 

 

ご参加のみなさま、景山先生ありがとうございました!

次回は景山先生の出版記念もかねて、11月に開講予定で準備中です☆

 

この宇宙旅行、たくさんの方たちに体験していただきたいです!

はじめての方も、リピーターの方も、ぜひぜひいらしてくださいね。

 

 


和の大学 Face book